Thursday, 8 March 2019

夏の地元フルーツガイド

2020-07-31 17:29

蘇州の街には、竹かごを担いで旬の物産を売る農家が常にいる。この時期に、蘇州の人々はどのような地元のフルーツを食べているの?

1  蓮の花托(果托)

夏は蓮の花托(果托)の収穫の季節だ。一つの花托(果托)には十数粒の蓮の種がある。

蓮の実を食べるのは簡単ではない。まずは、殻を爪で剥き、白い膜を剥がし、実を2つに分け、ほろ苦い蓮の芯を取り出してから実を口に入れる。

蓮の実は甘くて歯ごたえがあり、夏にぴったりだ。 取り出した蓮の芯は捨てずに集めてお茶を入れることもできる。

葑门横街や双塔市場などの多くの場所で蓮の実を買うことができる。一つは約3元だ。

2  頼葡萄(ライ葡萄)

黄色の頼葡萄(ライ葡萄)はレモンと同じくらいの大きさだ。

切り開くと真っ赤な実が見え、実の口当たりが繊細で甘い。一粒の実に一粒の種が入っていて、きれいに洗って植えることができる。

平江路、山塘街などの多くの場所でを買うことが出来る。3-4個は約十元だ。

3  翠冠梨

「春に梨の花を見て、夏に梨を食べる」は蘇州人の習慣。蘇州の翠冠梨は皮が厚いが、口当たりが脆くて甘くて水分もたっぷりだ。「六月雪」と呼ばれている。

この時期に、樹山に行って翠冠梨を摘むことも一つの楽しみだ。

4 鳳凰水蜜桃

張家港市鳳凰鎮は有名な鳳凰水蜜桃の産地である。この桃の祖先は無錫水蜜桃であり、その後、改良と育種を経て、柔らかく、ジューシーで簡単に皮が剥がれる地元の特産品になった。

張家港市の鳳凰鎮では鳳凰水蜜桃を摘むこともできる。

Source: isuzhou

Relevant Contents:

iSuzhou Service Platform for Foreigners in Suzhou

Technical support: Suzhou Daily Group iSuzhou Studio

Contact us: isuzhoustudio@163.com

Copyright (C) 2009-2017 www.isuzhou.me All Rights Reserved SU ICP : 12032443 Internet Illegal and Bad Information Reporting Center