Thursday, 8 March 2019

No. 21 Notice on Epidemic Prevention and Control of Suzhou

2020-11-17 19:32

为进一步做好我市新冠肺炎疫情防控工作,最大限度阻断疫情传播风险,最有效地保障人民群众生命健康安全,苏州市新型冠状病毒感染的肺炎疫情防控指挥部昨日(11月16日)发布《关于加强苏州市进口冷链食品疫情防控工作的通告》(苏州市疫情防控第21号通告),英、日文如下:

Notice on Guarding against Potential COVID-19 Transmission through Imported Cold-chain Foods

(No. 21 Notice on Epidemic Prevention and Control of Suzhou)

For the purpose of further strengthening the epidemic prevention and control in Suzhou, preventing the transmission of COVID-19 and effectively protecting people’s lives and health, this notice hereby specifies the followings to reinforce the management of imported cold-chain foods in Suzhou:

1. All local county-level cities and districts in Suzhou shall designate a centralized supervision warehouse for imported cold-chain foods (“centralized supervision warehouse” for short hereinafter). All cold-chain foods imported to Suzhou shall undergo disinfection and spot-checks before they are transported elsewhere for storage, processing or retailing. Owner of the foods can choose the warehouse on their own decision, but in principle the goods shall be sent to the nearest warehouse.

2. To guarantee an orderly operation of the centralized supervision warehouses, the goods shall be transported to the warehouses based on reservations and owners shall submit truthful information of the goods including the name, weight, etc. To make reservations, please follow the WeChat Mini Program “Su Shi An” (苏食安) and submit relevant information in the “cold-chain foods” column. Before the mini program goes into operation on November 20, 2020, please dial the service hotline for reservations.

3. Cold-chain foods in the supervision warehouses can be transported elsewhere as long as they are disinfected and tested negative for COVID-19 and obtain the Outbound Certification for Imported Cold-chain Foods in Suzhou Centralized Supervision Warehouses.

4. Units engaged in the storage, retailing and processing of cold-chain foods in Suzhou shall verify the Outbound Certification for Imported Cold-chain Foods in Suzhou Centralized Supervision Warehouses of the products; those failing to obtain the certification shall not be stored, sold or processed in Suzhou. For imported cold-chain foods with “Outbound Certification” issued by relevant authorities outside Jiangsu province or those disinfected and tested negative for COVID-19 in Customs ports, they are not required to be sent to centralized supervision warehouses in Suzhou.

5. For cold-chain foods tested negative for COVID-19 in the centralized supervision warehouses, their owners shall transport the foods elsewhere within a given time limits; transporting in batches is not allowed. 

6. Charges for outer packing disinfection, sampling and nucleic acid test, and storage within a given time limits will be shouldered by local governments. For those failed to submit exact information of the products, the aforementioned costs shall be shouldered by the owner of the foods. Charges for storage beyond the given time limits shall be shouldered by the owner of the products as well.

7. For cold-chain foods tested positive for COVID-19, the foods and their packing shall be subject to safe disposal as per relevant regulations.

8. Staff shall not open the container of imported cold-chain foods without authorization nor unpack or touch them during transportation. Drivers and personnel involved in transportation shall avoid contact with entrance guards and other personnel when driving in or out of the warehouse; they shall follow the arrangement of the warehouses.

9. Starting from the date of issuance of this notice, any cold-chain foods in the supervision warehouses cannot be transported outbound for selling unless they are fully disinfected and tested negative for COVID-19.

10. Enterprises or institutions engaged in the storage, retailing and processing of imported cold-chain foods shall strengthen the management and heath monitoring of relevant workers, disinfect equipment and environment on a regular basis, and give nucleic acid tests to workers involved in handling the foods once a week.

11. We call on all citizens to raise awareness of self protection and avoid buying or eating cold-chain foods without relevant certification.

12. For those storing, selling or processing cold-chain foods without Outbound Certification for Imported Cold-chain Foods in Suzhou Centralized Supervision Warehouses, failing to transport cold-chain foods to mass supervision warehouses for disinfection and testing and submit truthful information, they will be punished as per relevant laws and regulations and incorporated into the social credit system.

The establishment and operation of centralized supervision warehouses will be adjusted within the scope of the whole city subject to actual circumstances. This notice goes into effect as from November 18, 2020.

Suzhou Novel Coronavirus Pneumonia 

Prevention and Control Headquarters

November 16, 2020

蘇州市輸入コールドチェーン食品感染予防・抑制対策を強化する通達

蘇州市感染予防・抑制通達第21号

本市の新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制対策を更に徹底し、感染拡大のリスクを最小限に抑え、市民の命の安全と健康を全力で保障するため、関連規定に基づいて、現段階、輸入コールドチェーン食品感染予防・抑制対策を強化する関連事項について以下のように通知する。

一、2020年11月18日より、蘇州市の各市、区はそれぞれ1つの輸入コールドチェーン食品の集中監督管理倉庫(以下「集中監管倉」と略称する)を設置する。蘇州に入って貯蔵、加工、販売する輸入コールドチェーン食品は、貯蔵、加工、販売する前に集中監管倉に入り、消毒と抜き取りPCR検査を受けなければならない。荷主が自主的に集中監管倉を選択することができるが、原則としては最寄りの倉庫に配置して処理する。

二、集中監管倉の秩序ある運営を確保するために、集中監管倉の入庫は事前予約を実行し、予約時に商品名や重量などの情報を如実に提供しなければならない。詳しくは「蘇食安」WeChatミニプログラムをフォローし、「輸入コールドチェーン食品」の欄(2020年11月20日より利用開始)に申告情報を如実に記入てください。11月20日前には、お電話で予約してください。

三、集中監管倉に入った輸入コールドチェーン食品は、外装を消毒し、PCR検査に合格し、そして「蘇州市輸入コールドチェーン食品集中監督管理倉庫出庫証明書」を取得した後に出庫することができる。

四、蘇州で輸入コールドチェーン食品の貯蔵、販売、加工を行う生産・経営企業は、「蘇州市輸入コールドチェーン食品集中監督管理倉庫出庫証明書」を取得しなければならない。この証明書を取得していない輸入コールドチェーン食品は蘇州で貯蔵、販売、加工してはいけない。外省・市の有効な「出庫証明書」を持ち、あるいは税関でPCR検査に合格し、消毒された輸入コールドチェーン食品は、集中監管倉に入る必要はない。

五、集中監管倉に入った輸入コールドチェーン食品がPCR検査に合格した場合は、荷主は指定された期限内に商品を受け取らなければならない。荷物を受け取るには「全体入庫、全体出庫」をする必要があり、複数ロットに分けて荷物を受け取ることはできない。

六、輸入コールドチェーン食品が集中監管倉での外装消毒、PCR検査、指定された時間内の貯蔵費用は地方政府が負担するものとする。ただし、情報が如実に記入されていないことが確認された場合、上記の費用は荷主が負担するものとする。延滞による保管費用は、荷主が負担するものとする。

七、輸入コールドチェーン食品のPCR検査結果は陽性の場合は、対応するロットの輸入コールドチェーン食品及び包装に対し、関連する規定による無害化処理を行う。

八、輸入コールドチェーン食品を輸送する人員は途中に許可なく箱を開けてはならず、勝手に食品の包装を開けて直接接触してはいけない。車両が集中監管倉に出入りする時、運転手と係員は警備員などの無関係者との不要な接触を避け、集中監管倉による個人と車両の管理に従う必要がある。

九、本通知が発表された日から、既に倉庫に保管されていた輸入コールドチェーン食品は、完全に消毒され、PCR検査合格証明書を取得した後に販売することができる。

十、輸入コールドチェーン食品の貯蔵、販売、加工に従事する生産・経営企業は、人員の出入り管理と健康モニタリングを強化し、施設設備と環境に対して定期的な消毒を行い、週に1回輸入コールドチェーン食品に接触する従業員に対してPCR検査を行い、漏れなく検査することを確保すべきである。

十一、市民は個人の保護意識を高め、出所が不明で関連証明書のない輸入コールドチェーン食品を購入または食べることを控えるべきである。

十二、本通告の規定に違反し、規定通りに集中監管倉の消毒検査を受けず、「蘇州市輸入コールドチェーン食品集中監督管理倉庫出庫証明書」を取得していない輸入コールドチェーン食品を貯蔵・販売・加工し、要求通りに情報を如実に記入していないなどの行為が存在する場合は、関連する法律や法規に従って厳粛に調査・処理され、そして信用システムに組み入れられる。

集中監管倉の設置と運営は実際の需要に応じて、全市統一的に計画し、動態的に調整する。本通達は2020年11月18日から実施される。

蘇州市新型コロナウイルスによる肺炎感染の予防・抑制指揮部

2020年11月16日

Source: iSuzhou

Relevant Contents:

iSuzhou Service Platform for Foreigners in Suzhou

Technical support: Suzhou Daily Group iSuzhou Studio

Contact us: isuzhoustudio@163.com

Copyright (C) 2009-2017 www.isuzhou.me All Rights Reserved SU ICP : 12032443 Internet Illegal and Bad Information Reporting Center