Thursday, 8 March 2019

緊急救助訓練がキャンバス入り

2021-04-20 12:35

 4月は全国における33回目の愛国衛生月である。4月16日、蘇州工業園区月亮湾コミュニティ工作委員会は蘇州市赤十字の「救急天使」普及訓練基地の責任者である厳先生を蘇州大学独墅湖キャンパスに招待し、政治と公共管理学院2018年入学の都市管理と行政管理専攻の学生らのために緊急救助訓練授業を実施した。

 訓練授業において、厳先生は心肺蘇生の操作方法及び基準プロセスを重点的に説明し、人形を用いてその場にて実技見本を行った。その後、先生は大学生によくみかける障害事故について、止血、包帯の巻き方、固定の仕方及び気道閉塞のいくつかの一般応急処置方法を説明した。訓練は計2時間行われ、全部で50人余りの学生が参加した。

 訓練は学生らの救急知識を高めただけでなく、自らの救助及び相互救助の能力も強化し、事故が発生した際に適切な処置ができること、それも現代において大学生が身に着けなければならないスキルの一つである。

2021/04/20

Source: 蘇州工業園区管理委員会

Relevant Contents:

iSuzhou Service Platform for Foreigners in Suzhou

Technical support: Suzhou Daily Group iSuzhou Studio

Contact us: isuzhoustudio@163.com

Copyright (C) 2009-2017 www.isuzhou.me All Rights Reserved SU ICP : 12032443 Internet Illegal and Bad Information Reporting Center