Thursday, 8 March 2019

『中華文化大講堂』園区に歩み入る

2021-04-25 11:07

 4月20日の午前、『中華文化大講堂』園区に歩み入るの初回イベントが現代ビルで開催された。『中華文化大講堂』組織委員会主任、故宮博物院学術委員会主任、中国文化財学会会長の単霽翔氏が招かれ、テーマ講座『中華文脈と文化自信』を行った。

 『中華文化大講堂』は中央文史研究館が世に送り出した国家レベルの逸品文化プロジェクトである。同プロジェクトは130名近くの中央、地方文史研究館の館員及び館外の特別招へい専門家などを招き、大衆と国の精華を分かち合い、文化の自信を樹立する。

 講座の中で単霽翔氏は良渚古城、杭州西湖、蘇州庭園などの世界文化遺産の申請から話し、同時に故宮博物院の院長を務めている期間に実施した環境整備、古建筑の修繕、文化財の修復などの業務と結びつけ、発展の中で十分に文化の力を借り、文化遺産資源をより良く人々の社会生活に回帰させ、そして現実の発展のために貢献することを啓示した。

Source: 蘇州工業園区管理委員会

Relevant Contents:

iSuzhou Service Platform for Foreigners in Suzhou

Technical support: Suzhou Daily Group iSuzhou Studio

Contact us: isuzhoustudio@163.com

Copyright (C) 2009-2017 www.isuzhou.me All Rights Reserved SU ICP : 12032443 Internet Illegal and Bad Information Reporting Center