Thursday, 8 March 2019

実際の行動で家園を守る

2022-04-19 09:57

4月12日零時から、蘇州工業園区娄葑街道の一部の地域は静態管理を実施し、計5つのコミュニティ、約19000名の住民を含める。娄葑街道は共産党員、役所・企業・事業機関のスタッフ、教師、及び医学、心理学、緊急救援など専門的な技能を持つ住民を組織し、迅速に5つの専門サービス保障チームを編成し、速やかに住民の様々な要求に呼応し、住民に無料で生活物資を配達する。

4月13日午前、蘇州工業園区は新たな地域核酸検査を迎えた。園区の各機能区、街道はさらに検査プロセス・段階を最適化で綿密にし、核酸検査業務が順調に進めることを保障する。大雨が降るけど、最前線の全ての防疫スタッフは少しも怠けなく、早々各核酸検査点に来て、専門的、慎重且つ綿密に核酸検体採取業務を完成する。

新たな地域核酸検査は1世帯を落とさなく、1人を漏らさないため、斜塘街道は即座に「思いやりホットライン」を開設し、行動が不自由な住民に家を訪問して検体採取サービスを提供する。それと同時に、コミュニティは各核酸検査点で「高齢者・幼児・病人・障害者・妊婦グリーンゲート」を開き、また専門のボランティアを指定し、支援を求める特殊個体群に優先して検体採取するサービスを提供する。

Source: 蘇州工業園区管理委員会

Relevant Contents:

iSuzhou Service Platform for Foreigners in Suzhou

Technical support: Suzhou Daily Group iSuzhou Studio

Contact us: isuzhoustudio@163.com

Copyright (C) 2009-2017 www.isuzhou.me All Rights Reserved 苏ICP备12032443号-1 Internet Illegal and Bad Information Reporting Center