Thursday, 8 March 2019

上海市で地元に溶け込み活躍する外国人医師たち

2022-05-18 13:46

新型コロナウイルス感染拡大の影響で厳しい外出制限が1ヶ月以上にわたって続いている上海市で、防護服を着用して、中国の医療従事者と共に肩を並べ、第一線で新型コロナと闘う外国人医師たちがいる。彼らは、「上海は第二の故郷」と口を揃え、「縁の下の力持ち」として上海を支えているのは、上海が「大好きだから」と話す。光明日報が報じた。

小野火美子さんの防護服を着てPCR検査をする姿と普段の白衣姿

小野火美子さんは、スワブで喉の粘液を採取し、専用スピッツに入れて蓋をするというPCR検査の検体採取の作業をスムーズに行っていた。列に並んで検体採取を受けている団地の住民は、防護服を着ている医療従事者が日本人であるとは気付かないだろう。小野さんは手慣れた手つきで、1日に1000人以上の検体を採取する。彼女はこれまでこの業務に9回参加してきた。

今回の感染拡大が発生し、医療従事者が募集されていることを知った小野さんはすぐに応募したといい、「私は中国で学んだ外国人医師で、学部では中医学を専攻していた。卒業後は浦南病院で務めており、上海で暮らすようになって20年になるので、とても思い入れがある」と話す。彼女は2人の子供を家族に預けて、第一線で新型コロナとの闘いに打ち込んでいる。

小野さんは、「上海が1日でも早く普段の生活に戻れるよう、自分にできる限りのことをしたい。また、世界の新型コロナウイルス感染拡大が1日も早く収束することを願っている」と話す。

寺崎真さんの防護服を着て3輪トラックの後ろに乗る姿と普段の白衣姿

素早く防護服を着用し、青い手術着を着て、検体採取の準備を済ませたのは、小野さんの同僚である日本人医師の寺崎真さん。寺崎さんは、「出発前、病院の上司が診療ホールに立って、『皆さんが参加するのは国民の健康を守る事業』とエールを送っていた。それを聞いて、心が震え、とても感動した」と話す。

3輪トラックに乗るのは初めてだったという寺崎さん。それに乗ってコミュニティを走り回るという現地に溶け込んだこのスタイルは、「ものすごく新鮮で、作業の効率もかなり上がった」と話す。彼は最近、同僚と共に、近くのコミュニティや工事現場、企業を走り回っているほか、濃厚接触者の自宅にまで足を運んで検体採取を行っている。朝早くに家を出て、夜遅くに帰宅することも多く、一番遅い時で夜中の2時にようやく病院に戻れたほどだという。

70後(1970年代生まれ)の寺崎さんは、医師免許を持つ中医学医師で、普段の診察でも細かいところまで気配りができる医師だ。今回、15回目となる検体採取業務に参加した彼は、「新型コロナウイルス感染拡大を前に、みんなができる限りのことをして、一致団結している。そのような精神に、本当に感動する」とした。

Source: j.people.com.cn

Relevant Contents:

iSuzhou Service Platform for Foreigners in Suzhou

Technical support: Suzhou Daily Group iSuzhou Studio

Contact us: isuzhoustudio@163.com

Copyright (C) 2009-2017 www.isuzhou.me All Rights Reserved 苏ICP备12032443号-1 Internet Illegal and Bad Information Reporting Center