Thursday, 8 March 2019

高齢者たちのお茶目な「なりきり名画」が話題に

2022-05-25 10:33

広西壮(チワン)族自治区桂林市の高齢者たちが「世界の名画」に扮した「なりきり名画」がネット上で大きな話題となっている。例えば、「中世の男性」に扮した86歳男性や「真珠の耳飾りの少女」に扮した77歳の女性、「マーガレット」に扮した86歳女性などで、ネットユーザーからは、「神再現!可愛らしいおじいちゃんやおばあちゃんに『いいね!』を送りたい!」といったコメントが寄せられている。広西日報が報じた。

名画に扮したのは、高齢者施設「魅力花園」(桂林交通投資控股集団有限公司)で暮らす高齢者たちで、平均年齢は85歳、最高齢は90歳だ。

「赤いターバンの男の肖像」に扮した文さん(90)は、ムスッとした自分の顔が絵にそっくりなので、その絵を選んだという。赤いターバンを頭に巻いただけの「変身」には5分もかからなかったというが、名画そっくりの自分の姿を見て、思わず笑顔を浮かべて子供のようにカメラを前にピースを連発したという。

ピーテル・パウル・ルーベンスの名画「男性」に扮した柳さん(88)は、施設では盛り上げ役で、遼瀋戦役や平津戦役に参加した共産党員で元兵士だ。

「5分もくれれば、名画の『男性』になりきってみせる」と、柳さんはそう言って自分の部屋に戻っていった。そして、5分もしないうちに、準備を終えて部屋を出てきた。首元には白い紙で作った襟飾りをつけ、手には赤い飾り結びを持ち、表情からポーズまでバッチリ決めて、まるで作品の魂が乗り移ったかのような「神再現」を披露した。

向さん(78)はこの高齢者施設で最初に「なりきり名画」を体験したうちの一人。今回は「真珠の耳飾りの少女」を選んだ。向さんは最初のうちこそ、「もうこんな年なのに、こんなことするなんて」と躊躇していたものの、なりきり写真を見て、「こんなに簡単な道具で、名画になりきることができるなんて」と、その出来栄えに大満足の様子だったという。

これら高齢者たちは「なりきりの達人」であるだけでなく、「PR大使」でもある。彼らは自分のなりきり写真を手に、嬉しそうに隣の部屋に住む高齢者たちに「自慢」するので、他の高齢者たちも次々と自分の「なりきり名画」を撮影したいと申し出るようになったのだという。

若い頃からオシャレが大好きだったという邵さん(83)は、「なりきり名画」撮影に意欲的に取り組み、白いスカーフで頭を覆った少女に扮した。準備を終えると鏡を何度も眺めて、「ちゃんと着飾ったのは本当に久しぶり。働いていた頃はとてもオシャレだったのよ」と話す邵さんは、まるで若い頃に戻ったかのように目を輝かせていた。そして、自分のなりきり写真を見て、「この写真をちゃんと取っておいて、息子に見せなくては」と、笑顔で語っていた。 

Source: j.people.com.cn

Relevant Contents:

iSuzhou Service Platform for Foreigners in Suzhou

Technical support: Suzhou Daily Group iSuzhou Studio

Contact us: isuzhoustudio@163.com

Copyright (C) 2009-2017 www.isuzhou.me All Rights Reserved 苏ICP备12032443号-1 Internet Illegal and Bad Information Reporting Center